« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

白隠正宗さんへ①

おととい、「白隠正宗」の高嶋酒造さんへちょこっとおじゃましてきました。

年末からバタバタで、今年の造りに入ってから蔵を訪問するのは、初めて。

駿東山田錦の生原酒も誉富士の生原酒もイイ感じできてたので、

造りが順調なんだろうなとは思ってましたが。

ちょうど火入れ作業中に出くわしました。

548

             完全にブレてますねcoldsweats01 すみません。

高嶋社長ラフなジャージ姿で登場。元気そうですgood

556                

                蔵を案内して頂きました。

おっと、これは「汲掛け くみかけ」という作業の途中の様です。

552

  酒母造りの工程のひとつで、真ん中の筒の中には、

仕込みの際の水分が溜まっていて、その水分を外側の米にかけてやって、

温度調節(下げる)をします。強い酒母を造る為に必要とのこと。

次の日に今度は温めてあげるという作業をしてやるんだそうです。

飴と鞭とはまた違うか?

558

             14日目の山廃純米の酒母や、

562 

             こちらは12日目の生もとの酒母も。

             香りをかがせてもらいましたが、

             どちらも独特のスモーキーな香りが。

昨年はこの生もとと山廃の酒母造りをうっかりして

換気システムのない小部屋でやってしまって、

発酵中のガスの存在を忘れていて、ドアを開けてふと気付いて

「やばい!換気換気!!!」みたいなこともあったそうです。 

(発酵はアルコールを産み出すのと同時に大量の二酸化炭素(炭酸ガス)を

生むので、それを一気に吸い込んだりするととても危険で、

ヘタすると死んじゃう場合もあるんです。)

 

僕も高嶋社長も笑って話してましたが、実は笑えない話・・・。coldsweats02

 

また、山廃の酒母は一般的には2度上げて1度下げると言うのを

繰り返して育てていくそうですが、

3度上げて2度下げるという「365歩のマーチ」(懐かし~)的な

温度管理が“白隠正宗流”なんだとか。

 

そんなことも絶妙な味わいにつながっているのでしょう。

②に続く

                            (ダ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

初亀さんへ。

朝4時半過ぎに起きて、「YAKITTORIA INAHO」ご夫妻と一緒に、

初亀醸造さんへ仕込みの見学に行ってきました。


7時過ぎに蔵へ着いて、お米の蒸し上がりまで少し時間があるということで、

杜氏部屋と呼ばれる部屋でちょっと休憩。

7時40分位に「そろそろ蒸しあがります。」とのことで、

蔵の2Fの釜場へ急行。

493

甑からもうもうと蒸気が上がってました。

512_2

麹の引き込み作業や、

523

大吟醸の仕込みも見せて頂き、

532

1500kg仕込みの普通酒(4日目でしたがほのかな良い香りが。)や

本醸造のタンクも見せて頂いて、

その後

541

純米「岡部丸」・極吟醸「瓢月」・大吟醸「愛」・純米大吟醸「亀」の新酒を

テイスティングさせていただきました。

何と贅沢なメンツでしょう!

(まだ当然のことながら若さはあるものの、素晴らしいお酒でしたよsign03


542

橋本社長じきじきに、初亀さんの酒造りのこだわりなどを詳しく教えて頂き、

また、酒造りへの想いを聞かせて頂きました。

いつも思うことですが、

「心ある酒」を造ろうとされている蔵の方々は皆さん前向きで、

ひたむきで、

自分を振り返って反省しきりです。


先日の勝沼醸造さんもそうですが、

非常に教えていただくことの多い訪問でした。


それにしても、岡部はどちらかというと山に近いほうの立地なのですが、

蔵の中の気温が0度を割っていて、

昨日何気なく刈ってしまった頭に、冷気がかなり厳しかったですcrying


橋本社長、蔵の皆様、お忙しい中本当に有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

冬のぶどう畑もきれいだった!

ひさしぶりの登場、ダンナです。

何かひさしぶりすぎて、新鮮な気分で書いております。(反省)

先日、お客様と今年1回目の勝沼醸造さん訪問をしてきました。

営業担当の志村さんから、

「葉っぱやぶどうの実がついている時季も良いけれど、

冬のぶどう畑も趣があって良いもんですよgood」と

以前に教えて頂いたことがあったんですが、

冬枯れのぶどう畑?何にもなくて面白くないんじゃない?

などと心のどこかで思ってました。(勝醸さんの皆様申し訳ありませんcoldsweats01


実際訪れてみたら、

「あれっ!? 本当に何かきれいだ!!!

 と言うか、何か感動!!」

びっくりです。

480

484

ぶどうの木越しに、澄み切った青い空と雪景色の南アルプスが見えたりして。

あと、なんだろう、寒いんだけど冬の日差しに照らされて、

何か心が和む感じがします。

これはかなり素敵だ! (顔に似合わない表現ですみません。)


ただ、これからぶどうの木の剪定に入るそうですが、

いくら日差しが少し暖かいとはいえ、

1日中ここでの作業はつらいだろうな~。


そういえば、これはぶどうじゃないけど(たぶん桃)、

これはこれで趣が。

477

有賀社長もお忙しい中時間をあけて下さって、

483

482

「甲州種」にかける想いと、「酒文化造り」への情熱を聞かせて下さいました。

やっぱ、本当に勉強になります。有難うございます!


また醸造責任者の平山専務には、特別にタンクから直汲みした、

完成前の状態のワインをテイスティングさせて頂いたりして。

475

476

                 甲州の白はもちろん激ウマでしたが、

                このベリーAもかなり良かった!

あっと言う間の1日でしたが、今回も大感激の訪問でした。

有賀社長、平山専務、志村さん、勝沼醸造の皆様、同行下さった皆様、

本当に有難うございました。

モチベーション上がりまくり!!


(ダ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

アナログ人間

始まりはお酒のことについての問い合わせから

お付き合いがはじまったお客様。

そこからいろんなつながりができて、でも基本は

メールでもなくいつも電話でのやりとり。

その中の一人の方は遠くに住んでいて、

前回は友達と伊豆へサーフィンしに行った帰りに

よってくれて、そして今回は神奈川の友達と会う用が

あるついでに御殿場へ来てくれました。

牛タンの味噌漬けと萩の月を持って。

海の話の中で、「今、石巻すげー良いっすよ」って

言われた瞬間、思わず行くわって答えてしまいそうなくらい、

全てがぎゅっと近くに感じて不思議な気持ちになりました。

メールでだったら常にいくらでもどうすごいかとか表現できるのに。

身振り手振りでとか顔を見ながらとか声を聞きながらとか、

そんな会話がいつも以上にたまらなくうれしい一日でした。

今年の目標のひとつに機械(パソコン)のことをもう少し勉強する

ことでしたが、早くも踏みとどまりました。



字が細かく、自分でも良いか悪いかわからず続いてる「そらまめ通信」。

時々サボりますが、えーっと早くも1月はサボりましたが、

やっぱりがんばって今年も続けますよ。




それより、今日は本当に寒いですね。

やっぱりお燗を飲んで温まることにしました。

(よ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月 9日 (日)

最初に飲むお酒

明日は成人式。

昨日から、成人式の後みんなで飲むお酒をと

買いに来て下さいますが、

それが「日本酒」というのがうれしい!

そのお酒が最初で最後にならないように、

美味しいお酒を飲んで頂けたらいいなと思います。

とはいいつつ、自分もその頃「正しく」飲んでいたかといえば

・・・・・

勢いで呑んでいたような。

お燗のお酒なんて特に嫌いだったし。

まぁ、そんな若い頃からお酒の味を知ってたら怖いしねぇ。

飲み過ぎないように、体を壊さないように、

楽しく長く飲んでいただけるとうれしいです!

で、最初に飲んでほしいお酒。

原酒じゃない方がいいよなぁとか、ちゃんと考えました。

Arabashiri

今年の初亀の新酒「荒ばしり」。

年末年始のリピート率NO.1!

おりがらみですが、最初は混ぜないで上澄みを。

瑞々しく、フルーティーさもあり本当においしいです。

注:ゴクゴク飲まないで下さい。(特に新成人の方)

お酒を飲む時は、飲んだお酒と同じ位のお水を飲むと

残らないです。ちなみに、喉が渇くほどお酒を飲んでしまうのは、

完全に呑み過ぎ。その時の血液も濃くなっているそうです。

そして、お酒を飲む時は食べ物と一緒に楽しんでほしいです。

ん~、食いしん坊だったら、これは歳を重ねるごとに

どんどんはまっていきます。


祝成人!

お酒の世界へようこそ!

(よ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

お酒を飲まない日は

019

七草粥食べましたか?

邪気を祓ったり、疲れた胃を休める為ともいわれている七草粥。

昔のお正月は今みたいに贅沢ではなかったはずなのに

胃を休めるとは。

日本人は胃が弱いんだなぁと思いながら、

朝からガッツリ、七草粥を食べました。



お正月も過ぎ、食べ過ぎや飲みすぎを反省している方も

いるかも知れませんが、お酒を飲まない日は

酒粕の入った根菜たっぷりのお味噌汁、

559

体も温まっておいしいです。

酒粕は野菜を煮る時に一緒に入れて、

最後にお味噌で調味します。

お味噌の量も控えられるので塩分が

気になる方や、粕汁が苦手な方にも

好評ですよ。

おにぎりがあったら完璧。

(よ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 5日 (水)

おめでとうございます。

明けましておめでとうございます!

旧年中は多くのお客様にご来店頂き

有難うございました。

「貴重な」連休を頂きリフレッシュいたしました。

今年も始動です!



「美味しい食べ物にお酒があったらもっと素敵生活」

今年も、来年も再来年も続けていこうと思います。


本年もどうぞよろしくおねがいいたします。

酒のいわせ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »