« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月22日 (金)

明日は富士山の日

060210

「主役」の富士山


明日は2月23日「フジサンの日」

県内や山梨県では富士山イベントが行われる

ようです。

当店では、昨年に引き続き、沼津の白隠正宗さんの

「朝搾り」の販売。私たちが早朝にできたてほやほやの

お酒にラベルを張って持って帰ってきます。

こちらはご予約頂いたお客様のみの販売になります。

高嶋さん曰く、「搾る日」を決めてお酒を造るのは難しいんだ

そう。そんな搾りたてのお酒の醍醐味を楽しんでいただけたらなぁと

思います。

そしてもう一つ、御殿場の地酒といえば、金明さん。

先ほど入荷しました。

Dscn5176

「富士自慢」

こちらは富士山の日に合わせて造ったお酒ではなく、

昔からある金明さんのアイテムのひとつ。

これから「火入れ」を行うお酒ですが、特別に

生の状態で分けてもらいました。

おいしいです!

地元の方はもちろん最近は県外の方にも人気の

金明さん。先日お客様が、

「いつも美味しいんだけどある日どうしようもなく旨い瞬間がある」

と言っていました。

解ります。

その感覚を求めてまた飲んでしまうんですよね。

金明 「富士自慢」 無濾過特別純米酒 生

                 720ml 1,500円

予約販売ではありませんが、本数が限られていますので

お早めに!

明日はみなみ妙見さんや、INAHOさんでも

富士山の日の乾杯イベントが行われます。

白隠正宗さんも金明さんも富士山があってこそ生まれる

お酒。

明日は静岡の日本酒で乾杯!

(よ)






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

おしらせ

2月22日(金) 21:00~ NHK BSプレミアム

「新日本風土記 越前」

越前地方の紹介の番組に黒龍酒造さんが紹介される

そうです。

Photo

まだまだ寒いですが、春近し。

個人的には夏よりも冬が好きです。

空がきれいだし、寒い日のお風呂に入った

瞬間や温かい食べ物やお酒を飲んだ時など

たまらなく幸せです。

でも冬から春はもっと好き。

暖かくなるのを心待ちにしていた虫のような気分になります。

この「吟醸垂れ口」は私の中では春のイメージ。

今年もおいしいですよ。

黒龍 吟醸「垂れ口」

720ml 1,470円  1.8l 2,940円

発売中です。

さてさて黒龍さん、どんな感じで放映されるのかなぁ。

たのしみです。

Dscn5108

(よ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

久々に白隠正宗さんへ。

8日の金曜日、久々に白隠正宗の高嶋酒造さんへ行ってきました。

偶然にもこの日は山廃(やまはい)純米の酒母の櫂入れの日ということで、

高嶋社長に「良かったら櫂入れやってみますか?」とうれしい言葉もいただき、

もう気分はウキウキです。

櫂入れが始まるまで少し時間があったので、しばし談笑。

久々にじっくり話しましたが、

(前日に出たdancyu3月号の日本酒特集でもクローズアップされてます!)

脚光をあびるようになっても、

人柄の良さと高嶋社長らしいぶれない考え方は変わらず。

10年後・20年後を見据えたスタンスで酒造りを考えていて、

1本筋の通った感じが非常に好感が持てました。(偉そうですみませんcoldsweats01


そうこうしているうちに櫂入れの時間となり、蔵内へ。

既に山廃の酒母が何本か立っているせいでしょうか?

蔵の中に独特の乳酸系の香りが漂ってます。


で、櫂入れですけどメッチャきついです(笑)

直径80センチくらいのドラム缶の少し大きなもののイメージのタンクに、

蒸したお米が深さ50~60センチ入っているんですが、

櫂入れする前に「ちょっと櫂棒で突いてみてください」って言われて

なんとなく米の表面を押してみたんですが、

ぜんっぜん入らないcoldsweats02

腕相撲で圧倒的に力の差がある相手と組んだ時の感覚に似てる と思うくらいの

想像していなかったイメージのギャップ。

コレはハードだなぁなんて思っていたら、

実際の櫂入れの超ハードな事!

蔵人さん3人がそれぞれ持った櫂棒をくっつけ合わせて、

相当な力で米を「ドンドン」突いて潰していくわけです。

それも1か所で20回。

直径80センチ位のタンクの米をまんべんなく突くのに、

20回ワンセット×9~10位?だったかな=180~200回

突くわけです。

で、それをもう1度繰り返してたので×2。

これはキツイですよ~。

若い蔵人さんも終わった後ハアハア言ってました!

「これ、体ゴツくなっちゃうんじゃないですか?」って聞いたら高嶋社長

「いつもじゃないんでそうはならないですが、全量山廃の酒造りだったら、

大変なことになってます(笑)」だって。

(逆に全量山廃のお蔵さんは、蔵人さん全員が逆三角体系で

妙にマッチョなのだろうかcoldsweats01 想像するとちょっと怖い・・・笑

くだらない事言ってんじゃねえよって怒られそうですね)

そういえば金明の根上社長(ご自身が杜氏を兼ねている)も

10年くらい前よりも体がひとまわり大きくなられたような気が・・・。

それも実はこうした櫂入れ作業の成果?だろうか。

ちなみに高嶋社長の体がデカいのは、幼少の頃から続けている柔道の成果です(笑)

Dscn5112
で、パラパラしていたお米が潰れて、ねっちょり粘り気のある状態になったところで、

作業終了。

お疲れ様~と思いきや、実はこれ3回行う櫂入れの1回目で、

「2番櫂」「3番櫂」があるそうで・・・。

高嶋社長・蔵人のみなさん、それが仕事の一貫とはいえ、尊敬します!!!

今度から山廃純米飲むときは、正座して飲もうかな?

そんな気分にさせてもらっただけでも、大きな収穫のある訪問でした。

ありがとうございました!!


Dscn5116_3

Dscn5116_2

Dscn5116


(ダ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

しょうがはちみつ

Photo_2

今年の冬の必須アイテム、

「しょうがはちみつ」

薄くスライスしたしょうがを熱湯で軽く茹で

湯切りして瓶に入れ、レモン汁少々と

かぶるくらいのはちみつを入れ冷蔵庫で保管。

このシロップとしょうがを、酒粕を熱湯で

蒸らした後に加えて再び温めたもの、

「しょうがはちみつ甘酒」を飲んだり、

軽めの赤ワインとシロップ、クローブ、

シナモンスティック、オレンジスライス(好みで)を

鍋に入れて温めてグリューワインにしたりして

飲んでいます。

この甘酒はほぼ毎日。

しかしお酒好きだなぁ。

しもやけ、腰痛は相変わらずですが大分良く、

体の芯が寒くて耐えられないのが耐えられるように

なりました!

今回自分で初めて作ったグリューワイン。

ハーブとワインがあればいつでも作れて

しかもおいしい。

店頭でもグリューワインを販売していますが、

ホームメイドに近い味なんだということを発見。

今年の冬はとても人気です。

アップルシナモンは早々に完売してしまいましたが、

ブルーベリーとチェリーは販売しています。

・カトレンブルガー グリューワイン

 ブルーベリー、チェリー 各 1ℓ 1,418円


そしてそして。

大変遅くなりましたが、今年もよろしくおねがいいたします。

みなさま健康で素敵な一年になりますように。


※2月5日(火)、6日(水)休業いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年3月 »