« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

九頭龍 純米

P1010071

九頭龍 純米

       720ml  1,242円
       1.8l    2,592円

黒龍酒造  福井県

今日は、ちょっとびっくりの寒さ。何を着て良いのやら。
とにかく、今晩は温かいお酒が飲みたい気分になるのは
間違いなさそう。

何にしようか迷った時はこのお酒です。
「九頭龍」(くずりゅう)は、黒龍酒造が燗にしても
おいしいブランドとして立ち上げたものです。
福井県産五百万石を65%精米。
アルコールは14.5%で、一般的な日本酒のアルコールが、
15~16%なのでやや低めになります。
この「やや低め」がすごく良いのです。味の物足りなさはなく、
温めて飲むと、するっと体に馴染むのが良くわかります。
お米のふくよかさもちゃんとあり、辛すぎない所が、
料理の邪魔をせず、かといってお酒が主張しすぎる感じもなく、
どんな料理とも合わせやすい万能選手です。

この寒さだと明日の富士山は、雪化粧ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月29日 (土)

ねぎご飯

P1010065_2

御殿場から20分くらい車で行ったところに、長泉町という
町があるのですが、そこではねぎを沢山生産しています。
この辺りのスーパーでねぎを探すと「下長窪」というふだが
ついているのが目印。

先日、朝採れたてのねぎをお客様から頂いて、
「絶対生で食べてみて」とのこと。
さっそくその晩、ねぎご飯にしてみました。
ご飯は、ごてんばこしひかりの新米を土鍋で炊いて、
薄切りにして、さっと水でさらしたねぎを
炊き立てのご飯に盛ってかつおぶしと
お醤油をかけて頂きました。
ねぎの甘さもさることながら、
久しぶりに土鍋で炊いたご飯のおいしさときたら!
ツンとしたねぎの香りと辛さで甘いご飯が
進んでしまいます。
新鮮な野菜と白いご飯が美味しくてしあわせだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月28日 (金)

士才さんのお昼

御殿場駅裏(乙女口)のロータリーを出て
すぐにある、酒菜いろいろ 士才さんが、
今月よりランチを始めたということで、
行ってきました。
士才さん、とってもやさしい和食ベースの
お店で、もちろんお酒もおいしい。
特に、地元御殿場の金明さんのお酒と
ご主人が作るお料理の相性がとてもよくて、
お腹も心も満足できます。
お昼のメニューは4種類位の中から選びます。
(松花堂弁当は前日予約)

1477451609325
1477625560328

私はお刺身を、もうひとりは野菜三昧をえらびました。
お刺身は魚には自信がある!という士才さんが選ぶ
6種類も楽しめる新鮮なお刺身。
普段はあまり進んで食べないのですが、士才さんの
お魚はいつも楽しみにしています。
これに、ごはんと香の物、お味噌汁とこのお刺身の器と
同じくらいの大きさのお皿でサラダがつきます。
野菜三昧は鶏だんごの黒酢あんかけにお肉と野菜の蒸し物、
サラダ、ごはん、香の物、お味噌汁。
どちらもデザートが付きます。
野菜三昧のひとは、我慢できずお酒を飲んでいました。
そう、昼間から飲みたくなっちゃうご飯です。
私は1,800円、野菜三昧は1,400円位だったかな。
おすすめなので、ぜひぜひ。
席数があまり多くないので予約が良いです。
ちなみにお刺身は、限定5食!
おいしい上に奥さんも美しい。

酒菜いろいろ 士才 0550-83-6769
日曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

初亀 大吟醸純米「瓢月」

P1010055


初亀 大吟醸純米「瓢月」
      720ml 3,348円

初亀醸造 静岡県藤枝市

しっとりとした秋にぴったりの人気のお酒
瓢月がおいしい季節。

兵庫県産山田錦を48%精米。
南アルプス山系のやわらかな水で仕込んでいます。
上質な香りと、ほんのりとしたお米の甘味。
心地良い余韻を残しつつもすっきりときれいに切れる
後味。味わいの構成が、まるで上質な緑茶を飲んでいるよう。
秋の夜長にじっくり味わってみたい
上質なおいしさです。
ボトルも乳白色のガラス瓶で、贈り物にも
大変喜ばれています。

限定酒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月26日 (水)

おいしい中華と日本酒

1477451767142 1477451710087
1477451851255

うちのイベントが一段落して、もうこれは絶対行く!と決めてた、
渡辺ハム工房君の、華音さんの中華が食べられるイベントに
行ってきました。
静岡市にある有名なお店なのですが、行く機会がなくて、
今回はこの日のために真面目に仕事をしたといっても良い位。
ちばえんさんも来ていたり。こんなタイミングで会えてうれしかったな。

日本酒は、華音さんにおまかせして(もちろん燗でね)
単独で飲むと、酸が強く感じるのに、辛いものと合わせることで
逆に甘く感じたり、お肉の輪郭が際立ったり。
とにかくとってもとってもおいしかった。
ただ辛いだけとかの中華ではなくて、洗練さがあるというか。
金明さんの古酒が早々に完売してしまっていたので、
それに合わせることができなかったのは残念でしたが、
楽しかったです。
日本酒の懐の深さに感動した夜でした。
それにしても、この日は食いしん坊な顔ぶれが揃ってました。
日本酒もおいしそうに飲んでいて、うれしかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

ちまちま会終わりました

P1010041_02

昨日、駐車場で開催した2回目のちまちま会。
後半雨が心配になりましたが、
無事終えることができました。
秋なので、お酒はコクのあるものが中心でしたが、
みなさん、良く食べ良く呑んでくださいました。
いやぁ~、本当に良く呑みました。
燗の温度を変えてみたり、料理と合わせてみたり。
時間もゆっくり流れていたので、そんな実験も
楽しかったです。

七輪で焼く秋刀魚はやっぱり難しかったけど、
おいしそうでした。
わたしは、秋刀魚を焼く煙でもうお腹いっぱい。
全身で秋刀魚を満喫した感じです。
やっぱり外で飲むお酒はおいしい!
ご参加いただいたみなさま、
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

天野醤油ミニ&ちまちま会締切

P1010015

天野醤油 甘露ミニ
     100ml  345円

天野醤油 御殿場市

静岡県東部の学校給食にも使われている、天野醤油は
県内でも数少ない天然醸造蔵。
つけ醤油で人気の甘露醤油は、一度仕込んだお醤油で
再び仕込むという「再仕込み」という製法で手間をかけて
造られます。
濃厚で、とろっとした深い味わいは一度使ったら離せない
おいしさ。素材の味を一層引き立ててくれます。
甘露ミニ、ちょっとした贈り物はもちろん、
会社などに「MY しょうゆ」として常備するのもおすすめです。

甘露醤油は他に720mlもあります。(980円)
また、煮物やかけ、つけ醤油など万能選手の
「本丸亭」720ml 870円も販売しています。

23日、日曜日のちまちま会は締切ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

アルガブランカ イセハラ 2015

P1010021

アルガブランカ イセハラ 2015
      750ml  5,400円

勝沼醸造 山梨県甲州市

伊勢志摩サミットで、スパークリングワイン、
「アルガブランカブリリャンテ」が採用されたりと
日本を代表するワイナリーとして外せない
勝沼醸造さんより、「アルガブランカ」ブランドの
最高峰、「イセハラ」の新ヴィンテージのご案内です。

甲州種は日本固有の品種ですが、風間正文さんが
所有する、「伊勢原圃場」は他の畑とは違う個性を持った
甲州種を生み出します。
大きい石がごろごろして、とてもぶどうを作るのに適さないと
周りの人に言われながらも挑戦したぶどう作り。
そうした過酷な条件の中で育つぶどうは、風間さんの
気持ちに応えるかのように強く育ち、今までの
甲州種のイメージを変える非常に豊かなアロマを持つ
ぶどうになるそうです。
伊勢原圃場のまわりは、桃などを栽培しているせいか、
香りにも、桃のような甘い香り。
その他にパイナップルのような香りもありますが、
中心になるのはやはり、柑橘系の香り。
爽やかな酸味も心地よく、そしてエレガント。
看板ワインの「クラレーザ」とも樽熟成の「ピッパ」とも
違うおいしさです。
勝沼醸造の「もうひとつ」の甲州種を是非お楽しみください。
昨年のヴィンテージ「2014年」も在庫あります。
複雑味が増して、こちらも非常においしかったですよ。

12,000本限定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月19日 (水)

ちまちま会

P1010019_01

23日(日)のちまちま会は、
今のところ、雨の心配もなさそうで一安心。
昨日は定休日だったので、予行演習してみました。
なんといっても心配なのが、さんまを焼く事。
脂が乗っているので、油断するとまっ黒焦げになってしまいます。
でもそんなところも皆さんで楽しめたらなぁと思っています。
味はやっぱり脂がほどよく落ちてとってもおいしい!

昨日も感じたのですが、
外で飲むお酒はおいしいですね。
しかも少しひんやりとした秋の空気を感じながら飲む
日本酒は、格別です。
ちまちま会は、あと2~3名は大丈夫です。

第2回 ちまちま会
日時:10月23日(日) 13時~(2時間位を予定しています)
場所:酒のいわせ 駐車場
会費:3,000円(食事、酒代込)

秋空の下、七輪でちまちま焼きながら日本酒を楽しむ会です。
イライラしない穏やかな心でご来店ください。
お酒の会のため、車でのご来場はご遠慮願います。
※締切21日(金)
受付、お問い合わせ 
酒のいわせ ☎0550-82-2009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

おでんの季節

P1010016


少し前までお店に冷房を入れていたのに、
朝晩はすっかり肌寒くなってきました。
どういう訳か、「とりあえず」寒いなぁと感じた時、
まず食べるのがおでん。
しかも、私統計で見ると、どうやら毎年近所の神社の
お祭りの日におでんを作ってるらしい。
今年は、澤の花で生もとのお酒を造ったので早速
燗にしてみました。
熱めにするとキレがとってもよくなるのでそれもまた
良いのですが、この日は常温の方がフィットしました。

日本酒とおでんは、おいしい組み合わせ。
しかも久しぶりのお酒だったので、体が「おかえりなさい」
と言っているようでした。燗が沁みる季節ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

黒龍 純吟 三十八号

P1010145
黒龍 純吟三十八号
     720ml  1,836円
     1.8l     4,104円

黒龍酒造 福井県
日本酒造りは、長年の経験と勘が必要とされていますが、
その年の気候やお米の特性なども違うため、
毎年、「いつもと同じ」という訳にはいかないのが
日本酒造りの難しいところのひとつと言われています。
冬の間、最初の造りから回を重ねることによって
その年の特性を掴み、最盛期を迎える頃造るのがこの三十八号。
タンクの番号、三十八号がそのまま名前になった、
年一回販売のお酒が入荷しました。
大吟醸以下のアイテムで唯一、山田錦を使用。
控えめな香りと、口に含むとふくよかで奥深い
お米の旨味が豊かに広がります。
このお酒は冷やし過ぎるともったいないお酒。常温に近い方が
豊かさがより広がり、素材の味を生かした食べ物に
良く合います。
ゆっくり味わいたい一本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木)

巖 純米 心照古教

P1010143
巖 純米 心照古教

       720ml 1,728円
       1.8l   3,456円
高井株式会社  群馬県藤岡市

酒造りが伝統文化を担うものである以上、先人の
技法を単に伝えるのみでなく、本質をつかみ、
再構成する使命を我々は追っていると考えます。
本年、戦前の黄金期と言われた造りを追い求め、
酵母添加型ではありますが、生きもとでの酒母造りに
この作品で挑戦しました。手間を惜しまず先人が
残した手順を踏めば、本質的な流麗さと、力強さを
兼ね備えるはずだ、そのようなことを念頭におきましたが、
今回はまだ先人の尊いを教えに受け身になっている段階です。
研鑽を重ね、自分が主体となって古の教えを照らす
心照古教の境地をめざし、愚直に続けていく所存です。
<ラベル抜粋>

いつも謙虚な高井さん。いやいや十分おいしいです!
初の生もと造りは、雄町米で挑戦。
力強い米の旨味と複雑さ、そしてキレのよさ。
食事の邪魔をせず、でも絶妙な感じで酒のおいしさも主張
してくるところがなんともいえません。
燗もたまらないおいしさ。
日本酒の会でも、高井さんのファンが確実に増えたようです。
このお酒は、高井さんそのもののような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月12日 (水)

モンテ・ヴェーリョ レッド

P1010105_01
モンテ・ヴェーリョ レッド
      750ml  1,495円

ポルトガル

ポルトガル南部アレンテージョ。発展するワイン産地、
アレンテージョで中心的な役割、高品質なワインを
世界に送り出してきたのがエスポラン。
1973年にロケット家を含む家系に引き継がれ、
1982年以降はロケット家が単独で所有する生産者に。
2012年より、オーガニック、減農薬栽培に転換しています。

品種はアラゴネス、トリンカデイラ、トウリガ・ナショナル、シラー
収穫後、除梗、破砕され温度管理されたステンレスタンクで
マセラシオンと醗酵を行っています。
ベリー系の香りにスパイシーな香りが引き締め、フレッシュで
心地良い味わいのミディアムボディ。
骨格もあり飲みやすいだけでは終わらない深みもあり、
おいしいです。

少し前まで、梅雨のような湿度の高さで不快でしたが、
今日は気持ちの良いお天気でした。
ひんやりと気持ちの良い秋らしい夜、日本酒にするか
迷うところですが、今日は赤ワインの気分。
ラベルもすてき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

バスク地方のシードル

P1010141
エスティガ
シードル・ペイ・デュ・バスク ドゥミ・セック

      750ml 2,000円
フランス

バスク地方が発祥と言われているリンゴのお酒「シードル」。
ブルターニュ産のリンゴの多くは、バスクから渡った品種と言われています。
1996年設立の協同組合「エスティガ」は、バスク地方のリンゴの
ローカル品種を守り、リンゴの木を植え、管理をしています。
地元では、薬のような役割で飲まれていて、親しみのある飲み物と
され、生産量の90%以上が、バスク圏内で消費され、ほとんど
輸出されていないそうです。

9月から11月に収穫された7種類のリンゴをブレンド。、
香りや果汁たっぷりのジューシーな日本のリンゴの味を
想像してはいけません。
リンゴの皮と実のエグ味もちゃんと感じられ、非常に
滋味深い味わいのシードル。ノンフィルターなので
リンゴそのものの味わいが楽しめます。
そば粉のクレープ「ガレット」とシードルは定番ですが、
サラダや、魚料理、ハムなど軽めの料理との相性も良いです。
アルコールも5%と低めなので、気軽に楽しめますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

金明 長期熟成古酒

P1010134
金明 長期熟成古酒
      1.8l  3,000円

根上酒造店 静岡県御殿場市


先月の日本酒の会に参加された方は
ご存知だと思いますが、22年醸造の
山廃造りの熟成古酒が入荷しました。
麹米に山田錦を、掛米に八反を使用しています。
熟成酒ならではのきれいな琥珀色。
やわらかな口当たりで、カラメルのような
甘味に複雑な味わいが絡んで、味わい深い
おいしさです。後味は最初に感じた甘味が
しつこく残ることなく、心地良い余韻となって
すーっと切れていきます。
みたらし団子のような懐かしい味わい。
燗も抜群においしいです。
チーズとの相性も良いですし(この前は
ブルーチーズに蜂蜜を垂らしたものと抜群に
合いましたよ)、麻婆豆腐など辛味の効いた
中華料理などとも良く合います。

限定入荷のため品切れの際はご了承願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

澤の花 生もと特別純米

P1010133_01
澤の花 生もと特別純米
        1.8l   3,024円
        720ml   1,512円
伴野酒造 長野県佐久市

伴野さん、ずーっと待ってました。
27BY生もと造りのお酒が、初入荷しました。
お米は、長野県産美山錦を100%使用し、
60%精米。控えめなお米の良い香りで
口に含むとほのかな甘味を感じます。
芯のしっかりとした力強さも十分に感じつつ、
後味は軽快で、キレも十分。
燗にすることで、味わいの輪郭がくっきりとでてきて、
よりメリハリのある味わいになります。
おいしいです。
個人的にはお燗がおすすめ。
食べて飲んでしあわせな一本です。

季節限定酒
これから活躍しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

第2回ちまちま会

昨年に引き続今き

今年もちまちま会を開催します!

日時:10月23日(日)13時から

場所:酒のいわせ駐車場

会費:3,000円(食事お酒代込)

※材料準備の都合上、ご予約頂いた
お客様のみとなります。
定員:10名くらい

今!おいしいお酒を当店でご用意。
秋空の下、秋の味覚と合わせて
七輪でちまちま焼いて、楽しむ会です。
なので、持ち物はイライラしない穏やかな心。
(焼きあがるまでのゆっくりとした時間も楽しもう!)
それから御殿場なので、寒くない服装が良いです。
雨天の場合は中止いたします。

こぢんまりとした会なので、
おひとりさまでのご参加も大歓迎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

しょうがのつくだに

P1010122
今年はいったい何回作っただろう。

もうおしまいと思いつつ、新生姜があると
つい買ってしまいます。
数年前から、朝ごはんは、味噌汁、ぬか漬けは
絶対。友達のご主人も、味噌汁だけは作ってほしい、
と言うそうです。
丁寧に自分のために作った味噌汁を飲むと
エネルギーが湧いて体が整う気がします。
二日酔いの時も。
ごはんには、納豆や梅干し、そして
もうおしまいかなぁ、の、しょうがのつくだ煮。

P1010121_01

ひたすら薄くスライスした新生姜を鍋に入れ、
お酒とお醤油、みりんをひたひたになる位にいれて、
汁気がなくなるまで煮詰めるだけ。
爽やかな辛さがごはんの甘味を引き立ててくれます。
玄米も良いし、やっぱり今の時期は
新米ですね。
ごてんばコシヒカリもとってもおいしい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

今日は日本酒の日

10月1日

今日は日本酒の日です。

天気は相変わらず良くないですが、
気温は日本酒日和。
お米のお酒は、ちょっと飲むだけでも
心がしあわせになる魅力的なお酒。
食べ物もおいしい季節ですしね。

P1010113

私の最近の「夜の友」はこのお酒。
今日は呑むまいと心に決めつつ、
台所に置いてあるこのお酒と
目が合ってしまうと、もうだめです。
いっぱい呑むのではなくて、
ほんのちょっとでも、オフに切り替わって
ほっとさせてくれます。

白隠正宗 愛国純米きもと造り
        1.8l 2,808円

当店では敢えて26BYを販売しています。
これがまた、良いんだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »