お酒のこと

2012年10月26日 (金)

悲しい・・・。


昨日のニュースで見かけたのですが、

慶応大学の学生の方がお酒を一気飲みして亡くなったとか・・・。

強制されて飲んだものではないということですが、

急性アルコール中毒で命を落とすなんて・・・。


一気飲みという風習はなくならないものなのでしょうか?

お酒は昔から「百薬の長」と言われるように、

上手に付き合えば長寿の秘訣にもなったりするのに・・・。

場の盛り上がりで楽しくなって、と言う気持ちはわからないでもないですが、

一気飲みはとても危険な行為です。

絶対やめましょう!


このブログを見ている方は、20歳そこそこの若い方というのは少ないと思いますし、

分別のある大人の方が多いと思うのですが、

身近にそういう年頃の知り合いのいる方は、

一気飲みの危険性について是非教えてあげて下さい。


死んでしまったら、若気の至りじゃすまないですから。

大人が教えてあげないといけないですよね。




お酒に携わるものとして、とても悲しいニュースでした。


こういう不幸な事故って早くなくなってほしいですね。


(ダ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

魔法の徳利酒


富士山が久々に雪化粧しましたね。

20日位前までは普通に半袖Tシャツ1枚で過ごしていたので、

戸惑いを感じますね。

しかし、秋の深まりと比例して食べ物もお酒もどんどん美味しく感じられるように

なってきて、幸せ度も毎日増大しております。


そんな中、秋の美味しさをさらに増幅させるお酒が白隠正宗さんより入荷しました。

936

正式名称は「白隠正宗 生もとの純米酒23BY 1,8l」ですが、

またの名を「魔法の徳利酒」と申します。

蔵元の説明文にはこう書かれています。

「蔵の中から出てきた昭和55年製の徳利です。

数ヶ月前にこの徳利に 生もとの純米酒を詰替え熟成させたところ、

瓶での熟成よりも数倍早い熟成をし、それがとても旨かったのです。

この度、この徳利に 生もとの純米酒を詰め300個限定にて

販売させて頂く事にしました。

当然、徳利は再利用が可能ですので、飲み終わった後はお好きな酒を入れて

熟成をお楽しみ頂けます。」


ちなみに、僕自身もこの商品はまだ口にしておりませんが(今日飲みますhappy01)、

これを少し前に試飲する機会に恵まれた飲食店のご主人によると、

「ぬる燗飲んだら、メチャクチャ旨かったですよ!」とおっしゃってました。



外箱には「丹波焼蝋燭徳利」と書いてあります。

1,8l入る徳利ですので、写真で見るよりも実物は存在感ありますよ。

女性の方だと片手で持つのはちょっと危ないかも・・・。


にしても、楽しみです。

陶器の器だと呼吸しますからね。

どんな熟度とどんな味わいかshine

生もとの純米酒の熟成版だったら相当旨いだろうというのは何となく想像できますが。

当然ぬる燗でいきますよ♪

自分用に2本買いましたので、1本は開けずにそのまま引っ張って

もっと熟成させてみようと思います。

飲みきった方は、今度は山廃でも入れてみようかな?

これはまさに「一粒で2度美味しい」パターン。


価格は徳利代込みで4,410(税込)です。

秋の夜長が楽しくなるお酒いかがですか?


(ダ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

衝撃!


久々の衝撃です!

醸し人九平次の新商品 純米吟醸「黒田庄に生まれて、」が入荷しました。

萬乗醸造の若手社員さんが兵庫県の黒田庄(現 西脇市)に移り住んで、

自分達で山田錦を栽培し、その米で仕込んだ純米吟醸。


日本酒の「甘い・辛い」という表現とは別次元の、

「ボーダーレスな、もの凄く美味しい飲み物」という感じがします!

洗練・力強さ・複雑さ・・・。

720mlで2,100円(込)という、

日本酒としては若干良いお値段のお酒ではありますが、

「美味しい飲み物」というジャンルで考えたら、

これは絶対すごくお買い得です!!



美味しい酒と美味しい料理を楽しんで、

幸せな時間を過ごしたい

という方に、ピッタリのお酒です。



グラスは蔵元さんもおすすめしていますが、

ワイングラスがGoodshine

お猪口、日本酒グラスなどと比べて試したところ、

香りの立ちかたが違いますし、

複雑な味わいも感じ易くなります。

温度はあんまりキンキンに冷えているより、

10℃あたりで。

日本酒党の方はもちろんですが、

「料理やシチュエーションでいろいろなお酒を楽しむよ♪」という方、

ぜひ、お試し下さい!!

忘れられない一杯になるかもしれませんよ!!

875

(ダ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

鶴梅ゆずが優勝!

去る3月4日、大阪天満宮でおこなわれた

天満天神梅酒大会(2月15~2月21日開催)のリキュール部門で、

当店でも人気の、和歌山の風土を伝える蔵 平和酒造さんの

「鶴梅 ゆず」が見事優勝に輝いたとのFAXが!

全国から161銘柄が集まった中の、日本一。

取り扱っている酒販店の当店としても嬉しい限りです。

Photo_2

バランス良くて美味しいですからね、うなずけます。

ラベルデザインもカワイイと評判ですし。

でもね、平和酒造さんのリキュールは全部旨いんです。

根幹となる「八岐の梅酒」2種

鶴梅シリーズの完熟・完熟にごり(こちらも梅酒部門で4位)・すっぱい の梅酒3種

季節ものの苺・檸檬・夏みかん

10年熟成の絶品梅酒 古鶴梅。

それぞれ地元和歌山県産の原料だけを使用し、

明確なコンセプトとこだわりをもって造られています。

そして平和酒造さんにはもう一つのこだわりの柱が!

御存知の方もいるかもしれませんが、

素直な旨さで人気急上昇の日本酒「紀土 キッド」。

ネーミングは紀州(和歌山)の風土を伝えたいという思いから。

Photo_3

この純米のしぼりたてのピュアな旨さとコストパフォーマンスの高さは驚き!

2,100円(込)ですから。ビックリだし、何か有難くさえ感じますhappy01

限定酒だけでなく、

通常の純米・純米吟醸も食べ物に寄り添う

見事な食中酒です。

まだ「紀土」未体験の方、

ぜひぜひお試しを!



(ダ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

日本酒で乾杯!

皆さん、今日は何の日か知ってますか?

日本酒党の方は御存知かもしれませんが、

毎年10月1日は「日本酒の日」なんですねhappy02


以前に告知しましたが、

きっと今頃静岡駅前のホテルセンチュリー静岡では、

大勢のお客さんが日本酒を飲んで、盛り上がっているに違いない・・・。

なんたって「静岡地酒まつり」ですから・・・。


目茶苦茶行きたかったけど、今年は仕事の都合で断念しました。

来年は浜松、沼津は再来年か~。

待ち遠しいですね。


まあ、今日は「自宅で乾杯!」にしとこう。

皆さんも、今日中にこれを読んだら、

日本酒で乾杯してみませんか?

虫の鳴き声を聞きながら一杯。

美味しさが体と心にしみますよgood

(ダ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

お知らせ

こんばんは。

今日は久しぶりにすっきり晴れた!

と思ったら、今朝は吐く息も白く

空気もひんやり。

雲もどんどん増えてきて、いったい

いつになったら暖かくなるのやら。

今年は、曽我の梅で梅干を作るのを

楽しみにしていたけど、お客様の話だと

実が付き始めた頃の急な寒さで、

かなり厳しいとのことでした。

046_2

愛しいペル。

いなくなってもう5年。

この子もいったいどこへ行ったのやら。



お知らせです。

先日発売した、黒龍「吟十八号」ですが、

完売いたしました。

今の時期ももちろんおいしいのですが、

梅雨どきのちょっとジメっとした時に味わうと

きっともっと美味しいんだろうなぁと思って、

去年も反省したのに、今年はさらに早くの

完売となってしまいました。

今年の吟十八号は、ふわっとした香りが

印象的で、発売当初天気が悪く寒かった中、

春風が吹いたような少し高揚した気分に

なったのを覚えています。

女性の方にも人気だったのもわかる気が

します。

って、何をどう言っても湧いてくる訳でもなく。


完売いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

待ってました!

白隠正宗さんより待望のお酒2種入荷です。

1つは予約分のみ瓶詰めの「誉富士純米生原酒」、

ダンチュウにも載ったヤツですね。

静岡酵母由来の爽やかな香りをまとっていて、

新酒らしいハツラツとした感じでイイ感じです。

同時にすごくしっかり造ってあるのも伝わってくる気がします。

若々しい今の状態でも十二分に美味しいですし、

とっておいて独特の味の乗った状態を飲むのもまた格別です。

2つ目は品切れしてしまい、

待っている方も多かった「少汲水純米酒」。

お待たせしてすみませんでした。

こちらはバランスの良い味わいはそのままに、

さらに丸みを増して帰ってきました。

冷やして良し、常温で良し、ぬる燗で良しの

毎日の生活に寄り添うお酒ですから、

切れると寂しいですもんねhappy01

「誉富士生原酒」のほうは数に限りがありますので、

お早めにお求めください。

価格は1,8lで2,940円、

「少汲水」のほうは2,310円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)