酒の会

2011年7月30日 (土)

イナホさんの酒の会の後で。


イナホさんの酒の会終了後、

みなみ妙見の池谷さんがイナホさんへの差し入れとして持ってきてくれた

ちらし寿司や鮎の姿寿司(って言うのかな?)とかいなり寿司を

残っていたメンツで頂いたのですが、これが旨い!!

752

池谷さんは「ありあわせの材料だから・・・。」なんて謙遜してたけど、

お寿司はもちろん、

付け合せのワサビ漬けや生姜までそれぞれにメリハリがあって、

さすが!ッて感じでした。

鮎の寿司旨かったな・・・・。

ちらしも旨かった、味の違う2種類のおいなりさんも旨かった。

ワサビ漬けも。

結局当然の事ながら、全部旨かったんですhappy01

池谷さんの料理ってやっぱツボついてるよな

って改めて実感。

また食いに行こうっと。


今回は呑みに徹し、いやいや、司会に徹するつもりだったので、

「食べ物用意しましょうか?」というイナホさんの有難いお言葉だったんですが、

グッとこらえて、ガマンしました。

旨そうな前菜の盛り合わせとか、焼き鳥とか

食いたかったなぁ~、やっぱ。

って子供みたいなこと言ってますね。

イナホさんにも近々GOだな。


(ダ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月29日 (金)

YAKITTORIA INAHOさん、1周年酒の会。

27日(水)はお得意様の「YAKITTORIA INAHO」さんの

1周年記念の酒の会でしたbirthday

Photo

(奥様が書いた気合の入ったチラシのせいでしょうかhappy01

 告知早々に満員御礼となりました。)

「白隠正宗」醸造元 高嶋酒造の高嶋社長にお越し頂き、

僕のいつものゆるい司会で開始。

誉富士の純米ではじまり、にごり酒、純米吟醸、

燗で山廃純米、生もとの純米酒、

最後にデザートに合わせてやまもも酒というラインナップ。

プラス、

高嶋社長がサンプルとして当日もってきてくれた、

沼津市の浮島地区でとれた誉富士だけで仕込んだ純米酒「浮島」を

(このお酒新聞でも取り上げられましたし、

 農水省が発行している冊子「aff あふ」でも↓のように

754 

 とり上げられている、ホットなお酒。)

どうせだったら、皆さんに味わって頂こうということで追加。

16人で日本酒6本、リキュール1本、

若干多いけどまぁいいかと余裕こいてたら、ビックリ!!

最後にはほぼなくなりましたthunder

1人当たり3、75合、良く飲みました。

(僕と高嶋社長も、あくまで確認の為にちょこちょこ飲みましたがcoldsweats01

あっ、言っときますけど、

もの凄い酒飲みの集まりでも何でもありませんから。


お酒を味わう事が好きな方々が来て下さっただけで、

量を飲む事には決してこだわってませんので、

誤解のないようくれぐれもお願い致しますwink

高嶋社長曰く

途中、高嶋社長のスペシャルブレンド!?も登場したりして、

746

これがまたイケた!!(配合は高嶋社長のみが知ってます)

イナホさんの美味しい料理と「白隠正宗」で盛り上がり、

あっという間に3時間超!

皆様ありがとうございました。

会を終えて2次会に突入。

そして3次会。4時半まで激論?happy01

イナホの皆さん1周年おめでとうございます。

そしてお疲れ様でした&ありがとうございました。

ゆるい司会は勘弁して下さいcoldsweats01

次回はもっとがんばります。

(ダ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

「若手の夜明け 次世代蔵元渋谷なう」

少し前になりますが、先週の日曜日に渋谷で行われた

「若手の夜明け 次世代蔵元 渋谷なう」に行ってきました。

早く着きすぎてやることもないので、

公園通りから岸体育館の辺りをぶらぶら散歩。

(いろいろなお店が増えたけど、結構空きテナントも多かった・・・。

これも景気の影響でしょうか?)

当日は大地震の2日後でしたので、

福島の曙酒造さんはいらしてましたが、

それより以北の蔵元さんは来られませんでした。

ですがお酒自体は出品されていたので、

(直接話を聞けないのは少し残念でしたが、)大丈夫!

ブースには各蔵元とお付き合いのある都内近郊の酒屋さんが

お手伝いで入ってられました。

当店で扱わせて頂いている、白隠正宗・澤の花・紀土の各蔵元さんも含め、

参加されている12蔵すべてのお酒をきき酒しましたが、

きれいだったり、ジューシーなのもあり、力強いのもあり、

それぞれに個性があり、

なおかつグッと引き込まれるような旨さのお酒もあって、

とても勉強になりました。

(なんて、無難な書き方で申し訳ないですが、

皆旨かったですよ、本当に。)

来ているお客さんも相変わらず若い方が多くて、

当店ももっともっと若手の日本酒ファンを増やさなくては!!

と、自分自身にも大いに刺激を頂きました。

「日本酒離れ」なんていう言葉がなくなるように・・・、頑張るぞ。

(ダ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

みなみ妙見さんで「食と酒の会」やります!

さ、寒い・・・って言いたくなりますよね。

日頃の不摂生がたたり、風邪をひきまして(咳だけなんですが)

(そういえば、最近は大人の「百日咳」がはやっているそうです。)

御迷惑にならないようにマスク姿で営業しておりますcrying

風邪を引いているのもあって、寒さ倍増。

皆様、風邪には気をつけましょう!

話は変わりますが、酒の会の御案内です。

来る11月27日(土)午後6時より、

御殿場市のお得意様「みなみ妙見」さんで、

「地元F1食材と白隠正宗を楽しむ会 Ⅱ」と題した、

食べ物とお酒を楽しむ会が行われます。

御殿場・小山をはじめ私達の周りには、実は全国に誇れる

質の高い食材が多いそうです。

そうした美味しい食べ物と静岡の中でも注目の人気のお酒「白隠正宗」を

同時に味わって楽しみましょう!! という趣向です。

お酒が弱い方、飲めない方でも難しくないし、十分楽しんで頂ける内容だと

思います。

あっ、そうそう、当日は造りの合間を縫って、

杜氏兼社長の高嶋さんも参加して下さいますgood

興味のある方は、みなみ妙見さん、または当店までお問合せ下さい。

詳細は下記の通りです。

みなみ妙見“食と酒”企画 第15弾!

「地元F1食材と白隠正宗を楽しむ会 Ⅱ」

日時:11月27日(土)午後6時~8時

会場:みなみ妙見さん 

会費:男性6,300円  女性5,250円(女性に優しいhappy01) 

定員:15名様限定

お問合せ:みなみ妙見さん

      もしくは当店でも承ります。(TEL 0550-82-2009 火曜定休)

※なお、お酒を伴う会ですので、未成年者の御参加は固くお断り致します。

 また、代行運転の予約もお願いできるそうですし、みなみ妙見さん駐車場への

 翌日までの駐車もOKということですので、お問合せ下さい。

 「飲んだら乗るな、飲むなら乗るな」を合言葉にお願い致します。


皆様宜しくお願い致します。

132

(ダ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

みなみ妙見さん「金華豚純粋種」と「白隠正宗 生もとの純米酒」の会

去る4月29日の昭和の日、

みなみ妙見さんで白隠正宗の高嶋社長をお招きして行われた、

「金華豚純粋種」と「白隠正宗 生もとの純米酒」の会をお手伝いしてきました。

僕の役目はいつもながらのヘタな進行役ですsad

今回はなんと静岡の地酒界にはなくてはならない存在の

ライターの鈴木真弓さん(鈴木さんのブログはこちら)が参加して下さってビックリ!!

せっかくなのでずうずうしく

「静岡の地酒について少し話して頂いてもいいですか?」なんてお願いをしたら、

快く引き受けて下さって、

解り易く話して頂いたりして、感謝・感激の展開でした。

鈴木さん本当に有難うございました!!

今回お酒は高嶋社長が初挑戦で造った「生もとの純米酒」はもちろん、

造り方の違いと味わいの違いを感じてもらえたらということで、

同じ麹米(誉富士)・掛米(あいちのかおり)で精米歩合も一緒(60%と65%)の

「少汲水純米酒」、

それから高嶋社長にお願いして21BYの山廃純米大吟醸 雄町を

出させて頂きました。

金華豚の甘みのある脂には、しっかり目のお酒が良いんじゃないか?

ということで、池谷さんと相談して「しっかりシリーズ」で攻めました。

冷やした状態とぬる燗(純大もshine)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

白隠正宗とふぐで温まる会 無事終了。

昨日、みなみ妙見さんでの「白隠正宗とふぐで温まる会」

のお手伝いに行ってきまして、

僕のへたくそなあいさつ・進行はともかく、

会自体は非常に盛り上がり、無事終了致しました。

上撰本醸造・誉富士特別本醸造・少汲水純米・山廃純米・

純米滓酒・19BY純米大吟醸雄町

のラインナップで、

最初に冷えた状態で楽しみ、

その後燗で楽しむという趣向でおこないました。

夏でもぬる燗での晩酌を欠かさない高嶋社長が、

自ら持参したお燗道具でお燗番をしてくださって、

絶妙な頃合いのぬる燗が楽しめました。

お客様には改めてお酒の冷えた状態のスッキリとした味わいと、

お燗をすることによって「旨みがふくらむ」感じとの違いを実感して頂けた様でした。

中でも上撰本醸造は特に評判がよく、

また山廃純米の深い旨さ、滓酒の甘みのある旨さにハマって下さった方も!

僕自身も山廃純米の旨さに改めて感激しました。

また、みなみ妙見池谷さんのツボを突いたお料理が非常においしくて、

特にふぐのお寿司の上にからすみが乗っかったのと山廃純米、

サイコー!!

そう言えばみなみ妙見 池谷さん、

2月18日の静岡新聞の東部ページの「この人」という欄に

顔写真付きでとり上げられてたの、気付いた方も多いのでは?

「地元の食材のブログが人気の飲食店主」ということで

バッチリ載ってましたねgood

池谷さんが地元食材や料理、お店のこと、ご家族のことなどを

楽しく綴ったブログはこちら。

是非のぞいてみて下さい。

「みなみ妙見甚六日記」

その後反省会?と称して高嶋社長も交えまたまたお燗で盛り上がり、

夜は更けていきました。

帰る時間には気温マイナス1度。

よく飲みましたcoldsweats01

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)